ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > 「水の都」と名高い運河の街 ベネチア

SPOTTOWN

「水の都」と名高い運河の街 ベネチア

SPOTTOWN 投稿者: ココマチ編集部
ベネチア

「ラグーナ」と呼ばれる潟につくられ、橋でつながれた大小さまざまな数百の島からなる都市ベネチア。中世にはベネチア共和国の首都として地中海に君臨し、「水の都」「アドリア海の女王」など、その美しさと繁栄を讃えた数々の異名を持っています。細く入り組んだ道や運河が迷路のように走る街は異国情緒漂うロマンチックな雰囲気で、現在では世界でも指折りの観光都市として知られています。今回はそんなベネチアでも特におすすめのスポットをご紹介します。


ベネチアのシンボル サン・マルコ寺院

ベネチアに数ある観光スポットの中でも最も有名で人気のある場所が「サン・マルコ寺院」です。時は9世紀、貿易で栄えた水の都ベネチアの商人が、エジプトのアレクサンドリアから聖人サン・マルコの遺体をこの街に運びました。サン・マルコをこの街の守護聖人とし、彼を祀るために建てられたのがこの寺院です。聖堂に描かれた壮麗なモザイク画や装飾の数々は必見。この寺院はいつも大変混雑しているので、確実に見学したいのなら事前予約をおすすめします。


恋人たちの聖地 ため息の橋

ドゥカーレ宮殿と、運河を挟んだ隣の建物の間を繋ぐ白い大理石の橋。実はこの橋は宮殿の拷問室から牢獄へと続く橋で、かつてここを通る囚人が窓から見える美しいベネチアの風景を眺めて「これで見納め」とため息をついたことから「ため息の橋」と呼ばれています。そんな物々しいエピソードとは裏腹に、日没時にゴンドラに乗って橋の下でキスをしたカップルは永遠の愛で結ばれるという美しい伝説があることから、恋人たちに人気のスポットにもなっています。


16世紀につくられたカナル・グランデ最古の橋 リアルト橋

ベネチアの街を2つに分けるように走る大運河「カナル・グランデ」。この街の象徴ともいえるこの運河には、スカルツィ橋、アッカーデーミア橋、カナル橋、そしてリアルト橋という4つの橋が掛けられています。リアルト橋はその中で最古の歴史を持ち、白く美しい姿から「白い巨象」とも呼ばれています。周辺には食堂やお土産屋が軒を連ね、運河にはゴンドラや水上バスが行き交う賑やかな観光地となっているため、「これぞベネチア」という観光を楽しむことができるでしょう。


運河だけでなく街の散策も楽しみたい ベネチア観光

歴史ある教会群や博物館、オペラハウスなど、ベネチアには魅力的な観光スポットがたくさんあります。特に、前述のサン・マルコ寺院がある「サン・マルコ広場」は世界で最も美しい広場と称され、見どころも満載。ため息の橋がかかるドゥカーレ宮殿は、大理石のモザイクが埋め尽くす壁面や整然と並ぶアーチの美しい建築。内部にあるティントレット作の「天国」は世界最大の油絵として有名です。異国情緒あふれるベネチアの街は、ゆっくりと時間をかけて散策したいものですね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. オランダ・アムステルダムでおすすめの観光スポット オランダ・アムステルダムでおすすめの観光スポット
    SPOTTOWN
  2. uzushio_img1-01 名勝鳴門のうず潮!うずうずしちゃう魅力満載♪
    SPOT
  3. どこまでも続く赤岩の水平線に吸い込まれる、グランドキャニオン どこまでも続く赤岩の水平線に吸い込まれる、グランドキャニオン
    SPOTTIPS
  4. myanma1 ミャンマー総選挙から窺う、ミャンマーの光と影と未来
    TOWNTREND
  5. shutterstock_265278998 シチリアの歴史とともに育ってきた街シラクサの観光スポット
    CULTURESPOT
  6. railroad_img1 長距離移動が多いイタリア 正しい鉄道の乗り方
    TIPSTOWN
  7. shutterstock_224634127 アメリカ独立の中心地、ボストンの定番観光スポット
    SPOTTOWN
  8. shutterstock_152500877 インドの首都、ニューデリーの観光スポット3選
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事