ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > 2016年に世界遺産登録を果たした国立西洋美術館

CULTURETIPS

2016年に世界遺産登録を果たした国立西洋美術館

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_296695889

東京・上野は、東京国立博物館や上野の森美術館、東京都美術館、東京芸術大学などといったアートにまつわる施設が数多く集中する、国内きっての芸術の街として知られています。中でも上野公園内にある国立西洋美術館は、2016年にその建物が世界遺産登録されたことで大変話題となりました。しかし、国立西洋美術館の何がどのように評価されたのか知らない方も多いのではないでしょうか。それでは、国立西洋美術館の魅力をじっくり紐解いていきましょう。


アクセスは良好!国立西洋美術館への行き方

上野公園内に建つ国立西洋美術館には、専用の駐車場はありません。そのため公共の交通機関を利用しなければならないのですが、美術館がある上野は多くの駅が集中しているのでアクセスは良好です。一番わかりやすいのは、JRを利用するケース。上野駅の公園口を出て目の前の通りを1分ほど歩くと国立西洋美術館に到着します。他にも、東京メトロ銀座線、日比谷線の「上野駅」、京成電鉄「京成上野駅」からも徒歩7~8分となっています。


10年の努力が結実した、国立西洋美術館の世界遺産登録

国立西洋美術館が世界遺産登録されたのは2016年のこと。20世紀の著名な建築家ル・コルビュジエが7か国に残した建築群「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」のひとつに、我が国の国立西洋美術館が含まれているのです。彼の建築群が世界遺産暫定リストに登録されたのは2006年、そしてその中に国立西洋美術館が加わったのが2007年。その後幾度もの審議が重ねられ、およそ10年の歳月を経た後に世界遺産への登録が実現したのでした。


近代建築の巨匠ル・コルビュジエが手がけた国立西洋美術館

国立西洋美術館の設計を手掛けたのは近代建築の巨匠ル・コルビュジエ。彼は「近代建築の五原則」を提唱し、後世に多大な影響を及ぼす数多くの建築作品を残しました。中でも国立近代美術館の特筆すべき特徴は「無限発展美術館」の思想に基づき設計されたということ。順路が渦巻き状になっており、コレクションの増加に応じて外側へと増築していけるのだそうです。美術館には建物についての解説が書かれたパンフレットがありますので、ぜひ美術品と併せて見学してみて下さい。


世界遺産・国立西洋美術館へ行ってみよう!

2016年に世界遺産登録された建築家ル・コルビュジエの建築群は、フランスをはじめとする7か国に点在しています。このように国境を超えた世界遺産は我が国では初、そして海をも超えて世界遺産登録されたケースは世界でも初めてのことなのだそう。そのような貴重な遺産が国内にあり、気軽に見に行ける環境にあるというのはとても素晴らしいことです。東京を訪れた際はぜひ国立西洋美術館に足を運んで、美術作品とともに建物を鑑賞してみてくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_473849968 各地に残る、日本のおとぎ話発祥の地
    CULTURESPOT
  2. shutterstock_147109613 歴史的建造物が残る世界遺産の街リヨン
    CULTURETOWN
  3. image インカ帝国の栄華を感じさせるペルーの3つの街
    CULTURETOWN
  4. shutterstock_449312032 桁違いの大自然に圧倒される!北海道の自然を感じる観光スポット
    SPOTTIPS
  5. shutterstock_372744268 歴史的建造物を訪れて歴史を追体験する旅へ
    CULTURESPOT
  6. image 宍道湖名産 宍道湖七珍の謎に迫る
    FOODTIPS
  7. shutterstock_243795643 幸福度が高い国で知られるブータンの観光スポット
    CULTURESPOT
  8. shutterstock_112604510 日本の偉大な世界遺産のひとつ、白神山地
    CULTURESPOT
ココマチギフト

新着記事