ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > ウィーンを訪れたなら、まずはカフェへ

CULTUREFOOD

ウィーンを訪れたなら、まずはカフェへ

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_144054832

17世紀後半にはすでにカフェが営業を開始していたというウィーン。文化的な交流の場として、またのんびりとくつろげる憩いの場として、カフェはウィーンの生活に欠かせないものでした。現在でも、市内には多くのカフェが林立しています。中には、創業から100年を超えてなお多くの人が訪れるカフェも存在しています。ウィーンの歴史を垣間見てきたといえるこれら老舗カフェの中から、特に人気のある3店を紹介していきましょう。


ザッハトルテが食べられる、 ザッハー

カフェ ザッハー ウィーンは、1876年に創業したホテル ザッハーに併設しているカフェです。カフェの目玉は何といってもザッハトルテ。チョコレート風味のスポンジにあんずジャムをぬり、さらにチョコレートで表面をコーティングしたシンプルで美しいこのケーキは、ホテル創業者の父フランツ・ザッハーによって1832年に生み出されました。誕生から100年以上たった現在でも、カフェ ザッハー ウィーンで食べることができます。


シシィも愛した、デメル

1786年にウィーンで創業したデメルは、1799年に王室御用達となり、フランツ・ヨーゼフ1世やその皇后エリーザベト(シシィ)に愛されたことで知られています。極端なダイエットをして厳しいカロリー制限をしていた皇后も、デメルのスイーツには目がなかったのだとか。デメルはザッハトルテや猫の舌チョコなどが有名ですが、テイクアウトのアイスも絶品です。おすすめはスミレのアイス。素材の良さを感じられる一品をどうぞ。


観光スポットでお茶はいかが、カフェ ゲルストナー

デメルと同じく、ハプスブルク家の御用達となったゲルストナーは、1847年創業のカフェ。パッケージにフランツ・ヨーゼフ1世の皇后エリーザベト(シシィ)の絵姿がデザインされた、スミレの砂糖漬けなどが有名です。ウィーン市内に本店がありますが、おすすめしたいのが美術史美術館の2階ホールにあるカフェ ゲルストナー。壮麗で重厚な美術史美術館のインテリアを眺めながらお茶やケーキが食べられるとあって、人気のスポットです。


ウィーンのカフェでコーヒーはいかが

ウィーンには存在しないというウィンナー・コーヒー。これとよく似ているといわれるのがアインシュペナーです。これはグラスに注がれたコーヒーの上に、コーヒーとほぼ同じ量のホイップクリームをのせた飲み物。またウィーンでよく飲まれているのがメランジュという、温かいミルクを混ぜたエスプレッソコーヒーに、ミルクの泡を浮かべたものです。今回紹介したウィーンを代表する老舗のカフェを訪れたなら、ぜひ味わってみてくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_447471262 宮城県でグルメを楽しむなら仙台の最新スイーツも要チェック!
    FOODSHOPPING
  2. shutterstock_291804143 日本人の口に合うおいしさ、伝統的なフィリピン料理
    CULTUREFOOD
  3. shutterstock_331675709 長野の気候風土が育んだ「蕎麦」文化
    CULTUREFOOD
  4. shutterstock_339193577 大陸伝来の遺産を多く残す地 佐賀の特産品
    FOODTIPS
  5. shutterstock_314406635 金運? 良縁? 日本が誇る「招き猫」で、自分好みに運気をあげよう…
    CULTURESPOT
  6. shutterstock_454995322 懐かしい東京を感じられる都電荒川線沿線のグルメ
    FOODSPOT
  7. 267_1_ceb20_1351_f4180897_9963ce9f ビートルズが瞑想した僧院、一般に公開 インド
    CULTURESPOT
  8. 20150809-00000004-wordleafv-124acc23e9cf0958ef6328bb3c4363d3b-1 宮城の気候風土の恩恵を受け育まれた伝統工芸品
    CULTURESHOPPING

新着記事