ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TIPS > こんなに個性的で大丈夫!?世界の動物園

SPOTTIPS

こんなに個性的で大丈夫!?世界の動物園

SPOTTIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_278048171

動物園といえば、子どもに大人気のスポットというイメージですが、世界中を見渡すと本当に子ども向けなのかと思えるところもしばしば。たとえば世界的にも有名なルハン動物園について(アルゼンチン)は、「世界一危険な動物園」という異名を持つほどの独自性があるのだとか。今回はそんな個性的な世界の動物園を、アメリカのポップコーン・パーク動物園、セルビアのベオグラード動物園、ノルウェーのポーラーパークの3ヶ所に絞ってご紹介します。


傷を負う動物を受け入れる、ポップコーン・パーク動物園

ポップコーン・パーク動物園(アメリカ)で展示されている動物たちはごく一般的な顔ぶれですが、彼らは皆悲しい過去を持っています。人間に虐待されたり、捨てられたりして心や体に傷を持つ動物ばかりなのです。1977年に1匹のアライグマが保護されたことから出発したこの動物園は、単に動物を展示するだけでなく、保護の場という意味合いも持つ特別な場所となっています。訪れれば、人間と動物の関係について深く考えさせられることでしょう。


白い動物が多くいる、ベオグラード動物園

ベオグラード動物園(セルビア)は、珍しい動物ばかりが見られるということで有名な動物園です。白いライオンや白い虎など、白い動物が多いのだとか。「白い街」を意味するベオグラードという名前に由来しているという説もあるそうです。特に白いライオンは、世界中で約200頭飼育されているうち、11頭ほどがここベオグラード動物園にいます。園内を歩いていると、クジャクなどの珍しい鳥も放し飼いにされていて、あちらこちらで遭遇することができます。


北極圏の動物たちと触れ合える、ポーラーパーク

ポーラーパーク(ノルウェー)は、北極圏の動物と触れ合えるという世界最北端にある動物園です。森の一部をそっくりそのままケージにするなどスケールが大きく、動物1匹あたりの敷地面積も世界一だということでも知られています。動物園というよりはウォーキングサファリの保護園で、オオカミと直接触れ合うことができるなど野性味あふれたプログラムがたくさん用意されています。ジャコウジカやヨーロッパオオヤマネコなど珍しい動物にもたくさん会えます。


世界にはさまざまな動物園がある!

世界の動物園を、個性派に絞って3ヶ所ご紹介しました。このように見てみると、動物園は子どものためだけのスポットではないということがおわかりになったかもしれませんね。危険がいっぱいの動物園、大人の事情があふれる動物園、また人間と動物の関係について深く考えさせられる動物園など、さまざまなものがあります。動物園というものの見方を少し変えてみると、今後はまた違った世界が見えてくるかもしれませんね。おもしろい動物園を、ぜひご自分でも探してみてくださいね。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_147744197 山寺の国指定重要文化財「立正寺中道(根本中堂)」
    CULTURESPOT
  2. 魅力たっぷりの秋田県へ出かけよう 魅力たっぷりの秋田県へ出かけよう
    SPOTTOWN
  3. 周荘古鎮 江南第一の水郷 「周荘古鎮」のおすすめ観光スポット
    SPOTTOWN
  4. ジョージア州最大の都市、アトランタの人気観光スポット ジョージア州最大の都市、アトランタの人気観光スポット
    SPOTTOWN
  5. shutterstock_175128359 ホーチミンの定番買物スポットを知ってお土産を賢くゲット!
    SHOPPINGTIPS
  6. shutterstock_396725803 自然が作り上げた芸術 バトゥ洞窟
    CULTURESPOT
  7. ヨーグルトだけではない 東欧の美しい国ブルガリアの魅力 ヨーグルトだけではない 東欧の美しい国ブルガリアの魅力
    TIPSTOWN
  8. shutterstock_400022794 リピーターにオススメ!パリで訪れたい個性派美術館
    CULTURESPOT

新着記事