ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, SPOT > 3000年の歴史を持つ古都、西安の見どころ3選!

CULTURESPOT

3000年の歴史を持つ古都、西安の見どころ3選!

CULTURESPOT 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_218092807

前漢、北周、隋、唐など中国の歴史上さまざまな王朝の都となってきた由緒正しい古都、。唐の時代には当時における世界最大都市だったとも言われ、市内には数えきれないほどの貴重な歴史遺跡があふれかえっています。今回は中国の壮大な歴史の一端に触れられる西安の観光スポットを、厳選して3ヶ所ご紹介していきます。


西安最大の見どころ!始皇帝陵を守る兵馬俑

中国の歴史上初めての統一国家を築き、そのトップに君臨した秦の始皇帝。西安にはその始皇帝が葬られる広大な陵墓があります。その始皇帝陵から1.5キロほど離れた土地で発見された6000体以上の兵士や軍馬の素焼きの像が、兵馬俑と呼ばれるものです。これらはまるで始皇帝陵を守るかのように、全てが陵墓の方を向いて配置されていたのだそうです。


「西遊記」の玄奘三蔵ゆかりの塔、大雁塔

唐の第3代皇帝の時代の652年に建造された大雁塔は、大慈恩寺というお寺の境内に建つ塔です。遠くインドまで旅をした玄奘三蔵が、持ち帰った経典や仏像を収めるために皇帝に建立を願い出た建物で、7層64メートルのレンガ造りの楼閣式構造をしています。長い歴史の中で何度も修復と改築を繰り返されましたが、現在は優美な姿で街を見下ろしています。


中国風建築のモスク、西安大清真寺

西安大清真寺は、中国における最大規模のモスク(イスラム教の寺院)です。唐の第9代皇帝玄宗の時代に創建され、のちの時代の改築を経て現在見られる明朝の建築様式の姿となりました。イスラム寺院でありながらほぼ中国様式の建物となっており、モスク特有のドームもなければミナレット(塔)も中国寺院で見られるような形をしています。


世界四大古都のひとつ西安をまわって、中国の歴史に触れる

「長安」の名で、世界四大古都のひとつにも名を連ねている西安。古都として3000年以上の歴史を持つこの街は、長く中国の歴史の中心となってきました。西安を訪れた際、もし観光スポット選びに悩んだら、ひとつの王朝の時代に絞って遺跡巡りをしてみるというのもおもしろいかもしれませんね。それだけでもこの街の持つ歴史的意義が、深く感じられることでしょう。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. hakone 箱根湿生花園で秋の植物を楽しもう
    SPOTTIPS
  2. shutterstock_517502524 400年以上の歴史を誇る古典庭園 上海「豫園」
    CULTURESPOT
  3. shutterstock_285895403 世界のあらゆる文化に影響を与えたギリシャ文明の遺跡について
    CULTURESPOT
  4. 82-1[1] 日本三大パワースポットのひとつ、能登半島珠洲岬
    SPOTTIPS
  5. shutterstock_332742140 本場のオペラを楽しもう シチリア島の劇場をご紹介
    CULTURETREND
  6. shutterstock_328747001 定番観光スポット満載の人気都市、サンタモニカ
    SPOTTOWN
  7. image 美味しくて安いワインで有名なモルドバの観光スポット
    FOODSPOT
  8. shutterstock_431666005 秋もおすすめの函館観光
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事