ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, FOOD > 食材に恵まれた山口県のおすすめご当地グルメとは

CULTUREFOOD

食材に恵まれた山口県のおすすめご当地グルメとは

CULTUREFOOD 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_429021613

日本海と瀬戸内海に囲まれ、中国山地が県内を横断している山口県は海や山といった自然があふれる土地です。そこからはたくさんの美味しい恵みが水揚げされたり、収穫されたりしています。山口というと下関のふぐがご当地グルメとして有名ですが、それ以外にも各地に美味しいグルメが存在しています。中でも特に注目したいのが「山口ばりそば」「はなっこりーコロッケ」「いとこ煮」の3品です。これらについて説明していきましょう。


ボリューム満点、山口ばりそば

戦後、台湾の麺料理を元に考案されたという山口ばりそば。見た目はあんかけ焼きそばのようですが、ばりそばの名前の由来となったバリバリとした食感の麺と、インパクトのあるボリュームが印象的な山口のソウルフードです。キャベツやシイタケ、きくらげなどの野菜がふんだんに盛り付けてあり、スープは鶏ガラでだしを取っているためあっさりとした味わいになっています。麵が軟らかくなったら、酢醤油やポン酢をお好みで加えて食べます。


山口県生まれのはなっこりーを使った、はなっこりーコロッケ

はなっこりーは、アブラナ科の中国野菜サイシンと、おなじくアブラナ科のブロッコリーを掛け合わせて作られたオリジナル品種の野菜で、1990年に山口県農業試験場で誕生しました。ビタミンCや食物繊維を含み、花や茎など丸ごと食べられます。主に山口県内で流通しています。このはなっこりーを使って作られたのが、はなっこりーコロッケ。柔らかくてほのかな甘みがあり、くせのないはなっこりーはコロッケにぴったりと評判も上々です。


冠婚葬祭で食べる、萩のいとこ煮

山口の萩市で食べられているいとこ煮は、ふっくらと煮あげた小豆と白玉だんご、シイタケ、かまぼこを醤油と砂糖で味付けしただし汁に入れて食べる料理です。冠婚葬祭の時に食べられます。いとこ煮という名前の由来には諸説ありますが、煮る時間が違うそれぞれの具材を追い追い足していく追い追いを甥甥に掛けた説と、おのおの銘銘が持ち寄った食材を使う銘銘を姪姪に掛けた説とがあります。どちらも関係はいとこ同士ということで、いとこ煮というのだそうです。


ジャンルが多彩な山口グルメ

山口県を代表するご当地グルメ、「山口ばりそば」「はなっこりーコロッケ」「いとこ煮」について紹介しました。この他にも山口県にはおすすめしたいご当地グルメがあと2つほどあります。まずは宇部ラーメン。宇部ラーメンは宇部市を中心に作られているラーメンで、茶色く濁った風味の強い豚骨スープに中太の麺が特長です。また毛利元就の孫、吉川広家が米を節約するために奨励したという岩国茶がゆも、現在では健康食として愛されているご当地グルメです。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. shutterstock_396725803 自然が作り上げた芸術 バトゥ洞窟
    CULTURESPOT
  2. 269_1_miso_img1 大豆の恵みたっぷり!味噌の魅力
    CULTUREFOOD
  3. shutterstock_244203049 やっぱり京都には日本茶が似合う!京都でお茶を味わう
    FOODTIPS
  4. shutterstock_323209523 スペイン最後のイスラム王朝、アルハンブラ宮殿
    CULTURESPOT
  5. shutterstock_1732862 スコットランド最大規模の祭典、ミリタリー・タトゥー
    CULTURETIPS
  6. image 歴史に裏打ちされた丹波の特産品
    FOODSHOPPING
  7. shutterstock_201371375 新たな魅力を発見しよう 奈良の特産品
    FOODSHOPPING
  8. shutterstock_286268120 多彩な魅力を持つポルトガル料理と食文化
    CULTUREFOOD
ココマチギフト

新着記事