ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > SPOT, TOWN > バリだけじゃない!美しく懐かしい、王宮文化の根付く古都ジョグジャ

SPOTTOWN

バリだけじゃない!美しく懐かしい、王宮文化の根付く古都ジョグジャ

SPOTTOWN 投稿者: あや
バリだけじゃない!美しく懐かしい、王宮文化の根付く古都ジョグジャ

ジョグジャカルタは、インドネシアのジャワ島頭部に位置する古都。地元の住民からはジョグジャと呼ばれています。首都ジャカルタからは飛行機で約1時間、ちょうどジャカルタとバリ島の中間地点ほどの場所に位置しています。
インドネシアの中で、唯一級王朝の王の存続が正式に認められている特別区ということだけあり、歴史と文化を色濃く感じることのできる町並みが特徴。日本で言うところの京都のような存在ですが、実際京都府とは友好提携の関係にある街です。王宮には現在もスルタン(国王)が住んでいます。
街中には世界遺産ボロブドゥールやプランバナン寺院群を始めとする美しい遺跡が点在し、街全体には素朴でどこか懐かしい雰囲気が漂っています。


ジョグジャカルタにはどうやって行ける?

日本からジョグジャカルタへは、首都のジャカルタ国際空港かバリのデンパサール国際空港を経由して向かうのが一般的です。どちらからも、飛行機で約1時間〜1時間半ほどの移動距離。空港から市内まではタクシーでたったの15分なので、とてもアクセスの良い街です。気合のある人は、ジャカルタからレンタカーで約10時間ドライブで向かっても良いかもしれません。
ジョグジャカルタ市内では、点在する文化遺跡を周りまくりたい人にはレンタカーがあると便利ですが、運転に自信のない人はタクシーやカーチャーターが便利です。
街中では、浅草周辺の人力車のようなノリでベチャという自転車タクシーがどこにでも待機しています。3輪車を後ろ向きにしたような形で、客用シートが前に出ているのでものすごい爽快感を味わうことができます。
タクシーと違ってメーター等は付いていないので、トラブル防止のために乗る前に必ず値段交渉を行いましょう。


流れのギター弾きがやってくる屋台で地元民と一体に

市内繁華街のマリオボロ通り沿いには、たくさんの土産物屋や屋台があり、アジアの活気が溢れまくっています。
インドネシア料理として有名なナシゴレンや、長い串に小ぶりの肉が特徴のインドネシア版焼き鳥サテなどを始め、様々な料理を片手に会話を楽しむ地元民で賑わっています。屋台では日本語はもちろん、ほぼ英語も通じないことが多い。ガイドブック片手に調べながら注文するのもよし、身振り手振りでお店の人に尋ねるのもまた楽しいでしょう。言語は通じなくても、人懐っこい笑顔で対応してくれます。
また、屋台を楽しんでいるとたまにくるのが流れの歌うたい。
日本語の曲をリクエストすると、「心の友」という曲を歌ってくれるかもしれません。これは、今から約30年前にインドネシアで大流行した五輪真弓という日本人女性歌手の曲。今でも、インドネシアで知らない人はいないというほど有名なようなので旅行前に一度チェックしておくと思わぬ所で現地の人と仲良くなれるかもしれません。


美しくノスタルジックな遺跡群

ジョグジャカルタに訪れたら、絶対に行きたい文化遺跡!!ここでは2つご紹介します。まずはボロブドゥール遺跡。巨大な石像遺跡は、世界最大級の仏教寺院と言われており、世界中の仏教徒が集まる聖地です。中に一体ずつ仏像が納められた巨大な石造りの鐘が立ち並ぶ光景は“美しい”の一言。夕暮れ時や、朝日を浴びた姿はより神秘的な光景となり、いつまでも眺めていたくなるほど。
また、プランバナン遺跡群はインドネシア最大にして最高のヒンドゥー寺院と呼ばれます。広大な平原には、東南アジアで最も美しい宗教建築と言われるほど緻密な彫刻が施された石の塔や建物だったであろう跡が散らばり、一つ一つ辿っていくとまるでタイムスリップしたかのような感覚を味わうことができます。


ジョグジャカルタを満喫しよう♪

バリ島へ行くついでに、首都のジャカルタからちょっぴり足を伸ばして、インドネシアの中でもとても独特の素朴な雰囲気を持つジョグジャカルタ。一度は行って見たい場所です。
そんなジョグジャカルタを満喫するポイントとはどのようなものでしょう?
まず、とにかく物価が安いのが特徴。観光地のバリや首都ジャカルタに比べるとおよそ3分の1と驚異的な安さ。エステやマッサージも破格の値段で体験できるので、王族になったつもりで豪遊してもよいかもしれません。

また、ほぼ英語は通じないと思いましょう。ホテルや空港の従業員を覗いて、町の人は英語が通じないことが多いジョグジャカルタ。でも、優しい人が多いので身振り手振りで地元の人との交流を楽しみましょう。
6月から7月頭のラマダン期間に訪れるのも良いかもしれません。イスラム教徒の多いジョグジャカルタ。観光客に強制されることはほぼありませんが、その間、街中にはお経が響き夕方からはラマダンマーケットで賑わいお祭りのような雰囲気となります。


この記事の著者
元旅行会社勤務。異文化に触れること、特に現地の人々の文化や生活に触れることが大好きで高級ホテルよりも現地の人のお家で住むように旅するのが好き。 最近はもっぱら英語の通じないアジア圏への旅にハマっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. ロサンゼルスでおすすめの観光スポットとは ロサンゼルスでおすすめの観光スポットとは
    SPOTTOWN
  2. shutterstock_350911157 一度は行くべき!ヨーロッパのオススメ教会3選
    CULTURESPOT
  3. shutterstock_411842389 世界遺産と音楽の街、ザルツブルク
    SPOTTOWN
  4. shutterstock_179738105 「世界最後の秘境」パプアニューギニアの大自然
    CULTURETOWN
  5. shutterstock_285063071 小さな国土にみどころいっぱい!ブルガリアの観光スポット
    SPOTTOWN
  6. 花の都パリの定番観光スポットについて 花の都パリの定番観光スポットについて
    SPOTTOWN
  7. uzushio_img1-01 名勝鳴門のうず潮!うずうずしちゃう魅力満載♪
    SPOT
  8. 洗練された文化と豊かな大自然を持つ国、ノルウェーを観光しよう 洗練された文化と豊かな大自然を持つ国、ノルウェーを観光しよう
    SPOTTOWN
ココマチギフト

新着記事