ココマチ マガジン-世界の旅行ガイドが満載のwebマガジン-

HOME > CULTURE, TIPS > 高知県といえばこれ!盛大な夏の祭典「よさこい祭り」

CULTURETIPS

高知県といえばこれ!盛大な夏の祭典「よさこい祭り」

CULTURETIPS 投稿者: ココマチ編集部
shutterstock_470793320

花火大会とともに行なわれる8月9日の前夜祭、高知市内各地の会場で演舞が行なわれる10・11日の本番、そして12日の全国大会・後夜祭と、4日間にわたって開催される高知県のよさこい祭り。今や国内でも屈指の規模を誇る夏祭りで、全国から大勢の観客が参加しています。敗戦から徐々に日常が戻り始めていた時代、徳島の阿波踊りのような祭りを開催して高知県を盛り上げるべく、伝統民謡「よさこい節」に振り付けて「よさこい踊り」が完成しました。


「よさこい」ってどんな意味?

そもそも「よさこい」という言葉の語源は何なのでしょうか?そのルーツは、高知県で古くから歌われていた民謡「よさこい節」にあります。よさこい節は若い僧と美しい娘の悲しい恋を歌った民謡で、歌の中に「よさこい」という囃子詞が登場します。よさこいとは「夜さ来い」、つまり「夜にいらっしゃい」という意味。語源を知って「よさこい祭り」と聞くと、「夜までやっているから皆で来て楽しんでいって」と声をかけられているような気分になりますね。


よさこいの基本 正調よさこい鳴子踊り

第一回よさこい祭りが開催されたのは、今から60年以上も前の1954年のことです。その際、祭りのために作曲されたのが「よさこい鳴子踊り」という曲。この曲には前述した高知県の伝統的な民謡「よさこい節」に登場するフレーズが使われており、よさこいの特徴とも言える鳴子を使った専用の振り付けが付けられました。現在では祭りに参加するチームが自由にアレンジしていますが、この時に完成したオリジナルの振り付けのことを「正調よさこい鳴子踊り」と呼びます。


時代とともに進化を続けるよさこい祭り

開催当初は、参加者21チーム750人という規模であった高知のよさこい祭り。現代では、参加者約200チーム、20000人という規模にまで成長しました。その秘密は、時代をほどよく取り入れる柔軟さにあります。「よさこい節」と「正調」をベースにしていれば、音楽・振り付け・衣装に至るまで自由にアレンジが許されているのです。そのため祭りでは各チームがそれぞれ趣向を凝らした演出を披露し、演者も観客も飽きること無く楽しむことができるのです。


みんなで楽しもう!よさこい祭り

徳島県の阿波踊り、愛媛県の新居小浜太鼓祭りとともに四国三大祭りのひとつに数えられる高知県のよさこい祭り。伝統を守りつつもアレンジを認め若い世代にも広く浸透させる、規模の拡大により騒音やゴミの問題が発生すると迅速にマナー向上を試みる、当日の飛び入り参加を認めるなど、あらゆる点で努力と工夫を重ねてきました。それは「どんな人も気持ちよく楽しんで欲しい」という精神に他なりません。次回の祭りはぜひ本場でよさこい踊りを体験してはいかがでしょうか。


この記事の著者
こんにちは☆ココマチ編集部です。 旅をすることが大好きです。世界中に友達を作り、毎月各国の友達に会いにいく生活を目指しています! よろしくお願います( ´艸`)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでココマチマガジンをフォローしよう!


関連記事

  1. image 清流がはぐくむ肥沃な大地で多くの特産品が育つ八女市
    TIPSTOWN
  2. shutterstock_439433332 女子旅なら計画に入れておきたい!アメリカで人気のアウトレット
    SHOPPINGTIPS
  3. osaka_konamon_img1 もったいない精神が生み出した?大阪の粉もん文化とは
    CULTUREFOOD
  4. shutterstock_248314765 バナナだけではないフィリピンのフルーツ
    FOODTIPS
  5. 台湾東部の街、花蓮周辺の風光明媚なお勧めスポット 台湾東部の街、花蓮周辺の風光明媚なお勧めスポット
    SPOTTIPS
  6. 南太平洋の楽園フィジーのビーチでリゾート気分 南太平洋の楽園フィジーのビーチでリゾート気分
    SPOTTIPS
  7. shutterstock_264154727 静謐な輝きが美しい…世界に点在する青の洞窟3選
    SPOTTIPS
  8. shutterstock_305510270 楽園リゾートのパラオへ
    SPOTTIPS
ココマチギフト

新着記事